【名作を遊んでみよう】初めてのボードゲームなら宝石の煌きがオススメ!

新年度になり、これから新しいことを始めてみよう!という方にお勧めしたいゲームが「宝石の煌き」です。
簡単に説明するとカードと宝石コインを駆使した得点を効率よく集めていくゲームです!
この宝石トークンのボードゲームしている感が非常にたまらなく面白いです・・・

しかも単純なゲーム性でありながら、悩ましい部分も多くて何度も遊びたくなります(*’▽’)

created by Rinker
ホビージャパン(HobbyJAPAN)
¥7,200 (2024/05/26 23:40:40時点 Amazon調べ-詳細)
項目内容
対象年齢8歳以上
ルール難易度★★★☆☆
プレイ時間約30分-60分
プレイ人数2~4人
ゲームの簡易表
目次

このゲームの概要

宝石の煌きは、2~4人で遊ぶことができます。プレイ時間は約30分です。各プレイヤーは、宝石商人となって、宝石を使って宝石カードを購入して、貴族カードを獲得し得点を取っていきます。宝石カードや貴族カードにはそれぞれ点数が書かれており、最初に15点以上になったプレイヤーが勝者となります。

準備

ゲームには以下のコンポーネントが含まれます。

  • 宝石トークン:6種類(白・青・赤・黒・緑・黄色)×7枚ずつ
  • 宝石カード:3段階(I・II・III)×40枚
  • 貴族カード:10枚

まず、宝石カードを段階ごとにシャッフルして裏向きに積みます。それぞれから4枚ずつ表向きにして横一列に並べます。これが宝石カードの市場です。次に、貴族カードをシャッフルして裏向きに積みます。プレイ人数+1枚だけ表向きにして横一列に並べます。これが貴族カードの市場です。最後に、宝石トークンを種類ごとにまとめておきます。

トークン名
エメラルド7
サファイア7
ルビー7
ダイヤモンド7
オニキス7
黄金5黄色
それぞれのトークンと対応する色

人数ごとの宝石トークンの数

2人3人4人
発展カード4枚ずつ4枚ずつ4枚ずつ
貴族カード3枚4枚5枚
宝石トークン各色4枚ずつ各色5枚ずつ各色7枚ずつ
人数によって準備するものが変わります

進め方

ゲームは時計回りに順番に行動します。自分の番になったら以下のいずれか1つの行動を行います。
行動が終了したら次の手番の人に移ります。

  1. 宝石トークンを3枚取る同じ色でない3種類の宝石トークンを取ります。
  2. 宝石トークンを2枚取る同じ色で4枚以上残っている宝石トークンを2枚だけ取ります。
  3. 発展カードを購入する:市場から1枚の宝石カードを選んで自分の前に表向きに置きます。その際、カードの左上に書かれたコスト分だけ宝石トークンを場に返します。予約した発展カードもこのタイミングで購入することが可能です。
  4. 発展カードを予約する:1枚の発展カードを手元に裏向きで加えます。また、金色の宝石トークンを1枚取ることができます。
    ※手札には3枚までしか持てないため、4枚目を予約することはできません。

ゲームの終了条件

手番終了時に、手元の発展カード、および獲得した貴族カードの点数を合計し、15点を超えているプレイヤーがいる場合、親の手前のプレーヤーで終了になります。

重要なポイント

  • ゲームの勝利条件は、15点以上獲得することです。そのため、初めから高得点の宝石カードを狙うのではなく、低得点のカードから手を付けていくことが重要です。
  • 宝石トークンの枚数が少なくなると、自分が欲しい宝石トークンを取れなくなるため、場に戻す宝石トークンをうまく選択する必要があります。
  • 発展カードを購入する際には、カードの購入に必要な宝石トークンを効率的に集めることが重要です。
  • 貴族カードを獲得するためには、一定数の特定の宝石トークンを持っている必要があるため、貴族カードを狙う戦略を考えてプレイすることが大事です。
貴族カード
貴族カード

FAQ

Q: 同じ種類の宝石トークンを2枚取ってもよいですか?

 A: 取っても構いません。ただし、4枚以上残っている宝石トークンから2枚だけ取ることができます

Q: 宝石トークンが10枚を超えてしまった場合、余りはどのようにしたらいいですか?

 A: 宝石トークンは合計10枚までしか持てません。 10枚以上を取った場合には、手番終了時に10枚になるように余りは戻しましょう。

Q: 予約したカードを持ったままゲームが終了するとペナルティはありますか?

 A: いいえ、カードをいくつ持っていてもペナルティはありません。

Q: 宝石カードを購入する際に、カードの左上に書かれたコスト分の宝石トークンを持っていなくても購入できますか?

  A: いいえ。カードの左上に書かれたコスト分の宝石トークンを場に返すことが購入の条件です。

まとめ

created by Rinker
ホビージャパン(HobbyJAPAN)
¥7,200 (2024/05/26 23:40:40時点 Amazon調べ-詳細)

このゲームは考えることが非常に多くて、夢中になります!
貴族カードを最初は狙っていくために、必要な発展カードを選んでいくのがセオリーです!
友達と狙っているカードが被ると、早い者勝ちになったりするので、結構ヒリヒリとした戦いになります。

こんな人に遊んでほしい!

初めてボードゲームを遊ぶ人!

少し頭を使いながらの真剣勝負をしたい人

初心者の人でもルールがわかりやすく、1回遊べばどこが重要なポイントなのか分かりやすくなって、またもう一戦したい!となります。

3人のグループの場合なら大体1時間程度かかりますが、狙い目や考える事が多く発生するので非常にボードゲームをした気分にもなれます(*’▽’)

拡張はどんなゲーム?

created by Rinker
ホビージャパン(HobbyJAPAN)
¥12,934 (2024/05/27 00:13:03時点 Amazon調べ-詳細)

宝石の煌きには、拡張があります。
宝石の煌き:都市と呼ばれるボードゲームです。
遊ぶためには本製品が必要となりますが、4つの新しいモードが追加されて非常に面白いです!

下記で紹介していますので、ぜひ確認してみてください。

あわせて読みたい
【ボードゲーム紹介】宝石の煌きに4つの新ルール!【都市(拡張)】 初めてボードゲームを遊ぶ人に宝石の煌きがオススメしましたが、宝石の煌きには拡張パッケージがございます。今までの遊び方を踏襲しつつ、新しいルールが組み合わさっ...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次