【ボードゲーム紹介】「ハゲタカのえじき」のルールと魅力|遊び方や戦略性を解説

目次

概要

「ハゲタカのえじき」は、1988年にドイツで発売されたカードゲームで、現在世界で300万部以上販売されているロングセラーです。

ドイツのゲームデザイナーであるアレックス・ランドルフによって制作されました。1988年にドイツのゲーム会社ラベンスバーガー社から発売されました。日本では、ツクダ プレイシングス社から発売され、現在はメビウスゲームズ社が販売しています。

created by Rinker
¥1,485 (2024/04/20 15:37:55時点 楽天市場調べ-詳細)

どんなゲーム?

ハゲタカのえじきは、シンプルなルールながら、緊張感あふれるゲームです。手札から1枚カードを出し、一番大きい数字を出した人がハゲタカカードを獲得しますが、同じ数字を出してしまうと、ハゲタカカードを獲得できません。また、ハゲタカカードがマイナスの場合は、一番小さいカードを出している人がハゲタカカードを獲得し、得点を失います。

そのため、他のプレイヤーと違う数字を出すためには、他のプレイヤーのカードを見ながら、慎重にカードを出す必要があります。また、ハゲタカカードがマイナスの場合は、他のプレイヤーにハゲタカカードを獲得させないように、一番小さいカードを出さないようにする必要があります。


毎回、手札のカードを出すだけと、ルールは簡単で7歳以上なら誰でもすぐに遊ぶことができます。また、最大6人まで遊ぶことができるので、家族や友達とワイワイ楽しむことができます。

面白いポイントとオススメポイント

ハゲタカのえじきの面白さは、心理戦とブラフが楽しめるところです。カードを出すタイミングを間違えると、他の人とマイナスの得点になってしまうので、相手の動きを見ながら、慎重にカードを出す必要があります。また、ハゲタカカードが出た時に、誰が負けるかを予想するのも面白いです。

早見表

項目内容
対象年齢7歳以上
ルール難易度★★☆☆☆
プレイ時間約20分
プレイ人数2人〜6人
ジャンル読み合い・バッティング
一覧表

遊び方

ゲームの準備

まず、1〜15の数字が書かれたカードを各プレイヤーに1セットずつ配ります。
次に、-5〜+10のハゲタカカードをよく混ぜて、テーブルの中央に置きます。

ゲームの進め方

ハゲタカカードの山の一番上を表にし、各プレイヤーは手札から1枚選んで自分の前に出します。
すべてのプレイヤーが出したら一斉にそれを表にします。

ハゲタカカードは得点カードです。ハゲタカカードがプラスの場合は一番大きな数字を出している人が取れます。ただし、同じ数字を出している人がいる場合には、それらの人は取れません。
その次に大きな数字を出している人が取れます。つまり、「単独で一番大きな数字」を出している人が取ります。

例)10のハゲタカカードが公開されている

4人で遊んでいる場合、それぞれの人が1枚カードを裏向きに出しています。

全員で公開して、今回は「12」を出した人が勝利します。

ハゲタカカードがマイナスの場合

一番小さなカードを出している人が取らなければなりません。ただしこの場合も、同じ数字を出している人がいれば取る必要はありません。つまり、「単独で一番小さな数字」を出している人が取らなければなりません。

例)画像の場合

「5」を出している人が2人、次に小さい数字の「8」出している人がいます。
1番小さい数字は「5」ですが、2人が出しているため、打ち消しあって「8」の人が「単独で1番小さな数字」になります。

ゲームの終了と勝者の決定

ゲームは、ハゲタカカードをすべて取るまで続きます。
最後に、最も多くの得点を獲得したプレイヤーがゲームに勝利します。

こんな時どうする?

  1. 全員がバッティング(同じ数字を出した)してしまった場合。(バッティングした組が複数も同様)
    • 次にめくるハゲタカカードと一緒に奪い合います!その次も誰も取ることができなかった場合には、また次に繰り越されます。
      最後のゲームで全員がバッティングしてしまった場合には、誰も取ることができません。

最後に

ハゲタカのえじきは、シンプルなルールながら、緊張感あふれるゲームです。

戦略性

手札から1枚カードを出し、一番大きい数字を出した人がハゲタカカードを獲得しますが、同じ数字を出してしまうと、ハゲタカカードを獲得できません。また、ハゲタカカードがマイナスの場合は、一番小さいカードを出した人がハゲタカカードを獲得し、得点を失います。簡単なルールで、わかりやすいのに遊んでみると奥が深いようにも思えます。

他のプレイヤーと違う数字を出すためには、他のプレイヤーのカードを見ながら、慎重にカードを出す必要があり、ハゲタカカードがマイナスの場合は、他のプレイヤーにハゲタカカードを獲得させないように、一番小さいカードを出さないようにする必要があります。

どんな人にもオススメができる!

ハゲタカのえじきは、家族や友人と楽しく遊べるゲームです。シンプルなルールながら、緊張感あふれるゲームなので、ぜひ一度遊んでみてください。

私自身もハゲタカのえじきが好きで、よく遊んでいます。シンプルなルールなので、子供から大人まで楽しく遊ぶことができます。また、緊張感あふれるゲームなので、勝負に勝ったときの喜びもひとしおです。個人的に6人くらいいると、バッティングの回数が増えて、あえて小さい数字で勝負することもでき、ゲームの面白みがより高まると思います。

このゲームが好きな人はこちらもオススメ

鳥を集めて野生に返す!「CuBirds」

あわせて読みたい
【ボードゲーム紹介】四角い鳥を集めるボードゲーム”CuBirds”の楽しみ方 【ゲームの概要】 CuBirdsは、カラフルな鳥たちを集めて自分の手元に加えていくカードゲームです。手札のカードを使ってテーブルに並べられた鳥たちを誘い込んで、自分...

あなたはどんな風に表現する?大人数で楽しいゲーム「私の世界の見方」

あわせて読みたい
【ボードゲーム紹介】簡単に大喜利や共感ゲームが遊べるボードゲーム「私の世界の見方」をご紹介 こんにちは! 静岡ボードゲームカフェあなぐまのTomoです。 とてもありがたい事に、ゴールデンウィークでは多くのお客様にお店を利用して遊んでいただきました! お客様...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次